Top >  アイルランド ワーキングホリデー >  アイルランドについて

アイルランドについて

スポンサードリンク

 アイルランドは日本の北海道ほどの国土面積。イギリス・グレートブリテン島の西隣りに位置するヨーロッパ最西端の島国で、国土のおよそ6分の5がアイルランド、残りが北アイルランド(イギリス領)となっています。ロンドンからアイルランドの首都ダブリンまでは飛行機で約1時間、パリからは約2時間の距離です。

 アイルランドはエメラルド島とも呼ばれるように、緑に覆われた大地が美しく印象的な島です。また、壮大な自然と美しく伝統ある街の風景、各地に残る歴史的な遺跡、今なお色濃く残る伝統文化(ケルト文化)など、独特な魅力を楽しめる国です。アイルランドの人々の持つフレンドリーさや、豊かな自然が溢れていること、平和で静かに暮らせること、教育水準の高さなどから、留学先として近年密に人気のある国です。


【正式国名】
  アイルランド(アイルランド共和国)


【アイルランドの人口】
  人口は約420万人です(アイルランド中央統計局 2006年度資料より)。


【アイルランドの首都】
  ダブリン


【公用語】
  アイルランド語(ゲール語)が第1公用語。英語は第2公用語
  日常的には英語が使われる。


【通貨ならびに為替レート】
  ユーロ(2007年7月現在 1ユーロ=約168円)
  本日の為替レートはこちらから。


【消費税】
  付加価値税(VAT)として、標準税率21%
  なお、飲食品、子供用衣服、本などに対しては軽減税率が適用され、0%
  となります。
  また、燃料や宿泊費などには、13.5%の軽減税率が適用されます。
  一方、お酒やタバコに物品税が課せられ、その税率は品目によって異なり
  ます。


【日本とアイルランドの時差】
  日本との時差は9時間で、日本より9時間遅れとなります。サマータイム(3月の最終日曜から10月の最終日曜まで)の期間中は1時間短くなり、-8時間となります。


【アイルランドの気候】
  アイルランドは緯度的には樺太とほぼ同じですが、その気候は暖かいメキシコ湾流の影響を受け、一年を通じて温暖とされています。地域による気温差がそれほど大きくないのも特徴です。

  平均気温は夏季で14℃から17℃、冬季で4℃から7℃。夏は30℃を越える日は稀であり、日本人には過ごしやすい気候です。ただし、一日のなかでも寒暖差が大きく、夏でも羽織れる物が必要になります。冬も氷点下まで下がることは殆ど無く、雪が降ることもめったにありません。ただし、風は結構強く吹き付けるため、体感温度は低く感じられ、防寒着は必需品です、

  全般的にアイルランドの天気は変わりやすいうえに、一年を通じて雨が多く、また風も強い傾向にあります。

  アイルランドの気象・気候についての詳細は、こちらのウェブページから。
  
【電圧・周波数】
  電圧は220Vで、周波数は50Hz
  プラグ・コンセントは「BF型」、または「C型」となります。日本の家電製品を持っていく場合には、プラグの形状が異なるので変換アダプターが必要になります。また、海外対応のものでない場合は、変圧器も必要になります。


【主要都市】
  ワーキングホリデーメーカーに人気の高いアイルランドの主要都市は以下のとおりです。

  ダブリン、コーク、ゴルウェイ、ウォーターフォード

         

アイルランド ワーキングホリデー

アイルランドのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

アイルランド・ワーキングホリデーのビザ申請 アイルランドについて アイルランドでの仕事