Top >  イギリス ワーキングホリデー >  イギリス・ワーキングホリデーのビザ申請

イギリス・ワーキングホリデーのビザ申請

スポンサードリンク

 イギリスへのワーキングホリデー・プログラム(正式には『日英ユース・エクスチェンジ・スキーム(YES)』と呼ばれています)に参加するに際し、ワーキングホリデービザの申請を行う必要があります。

 ユース・エクスチェンジ・スキームに参加するためには、まず選考される必要があります。選考後、ビザ申請の手続きという順番になります。

 ここでは、イギリスのワーキングホリデー・ビザ申請・取得において必要となる情報を提供していきます。なお、ここに掲載する情報は在日英国大使館のウェブページに記載された募集要項に基づいてまとめたものです。ビザに関わる詳細は年度ごとに変更される可能性があります。必ず各自で最新の情報を確認するようにしましょう。


【ビザ発給の条件】
  下記条件は、2007年度の募集要項に基づいています。日程・日付に関わる部分は年度ごとに適宜読み換えてください(大使館のウェブページで最新の情報に触れられることをお勧めします)。

  ①日本国籍を有し、 2007年2月2日から2007年3月30日までの期間、日本
   国内に在住していること。

  ②入国許可が有効となる当日から、最長1年間、休暇を主な目的として英国
   に滞在する予定であること。

  ③申請時に、年齢が18歳から25歳(1981年3月31日から1989年2月27日
   迄の生まれの人)であること。ただし、個人的な状況により26歳から30歳
   (1981年3月31日から1989年2月27日迄の生まれ)の人に対して、例外
   的に申請が受理されることもある。ただし、その場合は「なぜ26歳の誕生
   日前に申請できなかったのか」について、偽りのない説得力のある理由
   や、応募動機を申請時の葉書に書く必要がある。この理由や応募動機を
   英国政府が認める場合、渡航が許可される場合がある。

  ④子供を連れて渡英しないこと。

  ⑤有効なパスポートを所有していること。

  ⑥帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金をもっていること。

  ⑦英国滞在中、公的な資金('福祉')に頼らずに自分の生活、宿泊費用などが
   まかなえること。

  ⑧英国滞在終了後に、英国を出国すること。

  ⑨以前にワーキングホリデー(ユース・エクスチェンジ・スキーム)で渡英した
   経験がないこと。

 以上の全ての条件を満足する人が選考に応募できます。ただし、条件を全て満たしていたとしても選考されるとは限りません。


【選考の応募について】
  ・選考の応募に関わる手数料は発生しません。官製はがき代のみ自己負担
   です。

  ・官製はがきを使用して選考に応募します。必着日は大使館ウェブページに
   記載されています。ちなみに2007年度は2月1日必着でした。

  ・はがきの送付に際して、以下のような手段を採った場合は失格となります。

   手紙や他の補完的な資料を郵送する⇒×
   封筒にはがきを入れる⇒×
   速達や書留で郵送する⇒×
   手渡し、または民間の配達サービスを使用する⇒×
   複数枚はがきを送る⇒×

  ・はがきの表側に記載する宛先は以下のとおりです。
   〒102-8381 東京都千代田区一番町一  英国大使館 YES2007 係

  ・はがきの裏側に記載する事項は以下のとおりです。
   下記項目以外のことを記載してはいけません。
    ①名前(漢字とローマ字で記入の事)

    ②性別

    ③生年月日(西暦表記)

    ④郵便番号及び住所 (漢字表記に読み仮名を付ける事)

    ⑤旅券番号、有効期限

    ⑥選考期間(2007年の場合は2月2日から3月30日までの間)中の昼間
     の連絡先電話番号(複数記入可)

    ⑦(26歳から30歳である場合のみ)例外的なケースとして申請を検討して
     ほしい理由

  ・選考期間中に大使館から連絡がない場合は、選考されなかったことを意味
   します。

  ・選考に漏れた場合、大使館から個別に連絡がくることはありません。


【申請料金】
  この申請料金は、選考された人がビザ申請を行う際に必要となります。
  ビザ申請料金として、85ポンド相当額を日本円で支払います。


【申請に必要なもの】
  無事選考された人には、大使館より「VAF1」と呼ばれるワーキングホリデービザ申請用紙が送付されてきます。必要事項を全て記入し、下記のものを同封して英国大使館宛に書留郵便にて返送します。

  ①VAF1申請用紙
   英語で必要事項を記入します。
   記入項目は多岐に渡ります。
   事前に記入項目等を確認するには、こちら(PDFファイル)を参照ください。

  ②有効なパスポート(原本

  ③パスポートサイズの写真1枚

  ④「ユース・エクスチェンジ・スキーム」の条件を満たすために充分な資金が
   あることを証明する英文残高証明書
   
  ⑤戸籍謄本

  ⑥申請料金

  ⑦送付希望先の住所・氏名を明記し、700円分の切手を貼付した返信用封筒


【ビザ申請受付開始】
  ビザ申請に関わる詳細は、当該年の初頭(1月)に発表されます。募集期間は1ヶ月ほどで、例年2月には締め切られます。


【ビザ発給状況】
  ビザの発給上限数は400件
  発給数が少ないため、競争率は高くなります。


【ビザの有効期間】
  有効期間開始日から最長1年間


【ビザ申請方法】
  ビザの申請は上記「申請に必要なもの」を全て同封し、英国大使館宛に書留郵便で郵送します。申請は郵送のみの受付で、大使館窓口での直接申請は認められていません。

  なお、VAF1申請用紙その他必要書類一式を送付できたとしても、大使館の審査官が不適当と認めた場合には、ビザの発給が行われません。

  書類等に不備がなく特に問題が認められなければ、ワーホリビザが貼付されたパスポートが書留郵便で返送されてきます。


【その他】
  英国大使館では、ユース・エクスチェンジ・スキーム(ワーキングホリデー)の件に関する電話やメール、書面による問合わせは一切受け付けていません。

         

イギリス ワーキングホリデー

イギリスのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

イギリス・ワーキングホリデーのビザ申請 イギリスについて イギリスでの仕事