Top >  ドイツ ワーキングホリデー >  ドイツでの仕事

ドイツでの仕事

スポンサードリンク

 ドイツにおけるワーキングホリデー制度では、滞在資金を補うために仕事やアルバイト等就労することが認められています。ワーキングホリデー・ビザが発行される際に、労働許可に代わる文書も一緒にもらえます。したがって、特別に労働許可を得ることなく働くことができます。なお、就労期間の制限は合計90日となっています。

 また、原則的に違法な仕事でない限り、どのような仕事にも就くことができます。ただし、語学力や専門的知識、実務経験の有無等で、仕事が限定される可能性があります。

 ここでは、ドイツにおける仕事やアルバイトに関する情報を紹介していきます。


【仕事・求人事情】
  ドイツでの就労が容易でない要因には様々なものがありますが、、一番には失業率が高いことに加え言葉の問題があることと、90日間という就労制限があることが大きいようです。雇う側の立場にたってみれば、90日間しか働けずドイツ語のおぼつかないワーホリメーカーをわざわざ雇用する積極的な理由がないからです。

  したがって、少しでも有利な条件で話を進めるうえで、最低限の日常会話を身につけること、短期の仕事に絞って根気よく求職活動をすることが大切だと考えられます。また、たとえ簡単なドイツ語しかできなかったとしても、自分に専門知識や技能といった付加価値があること、日本人にしかできないことであれば、道が開けてくる可能性もあります。

  それでも、情報収集を積極的に行っていれば、日本料理屋や日系企業等の日本人向け求人に出会うこともあります。また、地域によっても格差があるようで、日系企業が多いフランクフルトデユッセルドルフなどでは日本人向けの求人が比較的豊富なようです。


【人気のある仕事】
  ドイツで、ワーキングホリデー・メーカーに人気のある職種は以下のとおりとなっています。

  ・日本料理屋などの飲食店のホールスタッフ

  ・日本の本屋、食料品店などの店員

  ・日系企業の事務

  ・ベビーシッター

  ・オーペアと呼ばれる住み込みのお手伝い

  ・農作物の収穫


【仕事やアルバイトの見つけ方】
  現地の情報誌などの求人欄、語学学校の掲示板、友人・知人などからの紹介や口コミ、インターネットといった手段や方法によって、多くの人は仕事やアルバイトを探しています。

  現地情報誌として有名なものには、『ドイツ・ニュース・ダイジェスト』があります。ウェブ版でも求人情報が見ることができます。

  さらに求人情報が得られる場所としては、中央労働仲介所(ZAV)や各地区の労働局があります。ただし、斡旋の条件として、同一雇用主のもとで数週間働くことができる場合に限るようです。5月から9月の期間中のみ、外国人のホリデーワークを紹介しているとのことです。

         

ドイツ ワーキングホリデー

ドイツのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

ドイツ・ワーキングホリデーのビザ申請 ドイツについて ドイツでの仕事