Top >  ドイツ ワーキングホリデー >  ドイツについて

ドイツについて

スポンサードリンク

 ドイツはヨーロッパの中心に位置し、16の州から成る連邦共和国です。ドイツは、世界でも有数の工業国であり、その欧州一の工業力がドイツ経済を支えています。

 また、古くから歴史的に有名な芸術家や化学者、哲学者が生まれ育ったお国柄、文化機関に多大な補助金が行政から与えられており、図書館や美術館、劇場などの文化教育施設が国中に整備されています。このように、ドイツには国民が容易に芸術に触れることができる環境が整っています。

 さらにドイツは観光資源の豊富な国でもあり、国内には30を超える世界遺産が存在しています。大都市のみならず地方都市それぞれが伝統的に育んできた文化と景観。その多彩な魅力に触れるため、世界中から毎年多くの観光客が訪れています。


【正式国名】
  ドイツ連邦共和国


【ドイツの人口】
  人口は約8,230万人です(ドイツ連邦統計局 資料より)。


【ドイツの首都】
  ベルリン


【公用語】
  ドイツ語


【通貨ならびに為替レート】
  ユーロ(2007年7月現在 1ユーロ=約168円)
  本日の為替レートはこちらから。


【消費税】
  付加価値税Mwst(Mehrwertsteuer)として、19%(2007年1月より。それ
  以前は16%)
  ただし、一般食品、本などに対しては軽減税率が適用され、7%となります。


【日本とドイツの時差】
  日本との時差は8時間で、日本より8時間遅れとなります。サマータイム(3月の最終日曜から10月の最終日曜まで)の期間中は1時間短くなり、-7時間となります。


【ドイツの気候】
  ドイツは日本の北海道より北の緯度に位置するため、全般的に冬の寒さには厳しいものがあります。一方、夏になると30度以上の気温になることもありますが、湿気が少なく暑さをそれほど感じることはありません。とはいっても、一日のうちで寒暖差はかなりあり、さらに曇天や降雨があると冷え込むので、夏場でも長袖等の防寒着は必需品となります。

  ドイツの国土は南北に細長い形状をしており、北部は北海やバルト海に、南部はアルプス山脈に接しています。北部は海洋性気候に属しており、暖流の影響を受けて冬でも比較的温暖になる傾向があります。中部南部になるほど大陸性の気候の影響を受けるので、年間を通じて寒暖差の激しい気候を示します。

  ドイツの気象・気候についての詳細は、こちらのウェブページ(ドイツ気象庁)から。


【電圧・周波数】
  電圧は220Vで、周波数は50Hz
  コンセントは2本ピンの「C型」が、または3本ピンの「SE型」となります。日本の家電製品を持っていく場合には、プラグの形状が異なるので変換アダプターが必要になります。また、海外対応のものでない場合は、変圧器も必要になります。


【主要都市】
  ワーキングホリデーメーカーに人気の高いドイツの主要都市は以下のとおり
  です。

  ベルリン、フランクフルト、ミュンヘン、ハンブルグ、ケルン、ハイデルベルク、
  デュッセルドルフ

         

ドイツ ワーキングホリデー

ドイツのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

ドイツ・ワーキングホリデーのビザ申請 ドイツについて ドイツでの仕事