Top >  フランス ワーキングホリデー >  フランス・ワーキングホリデーのビザ申請

フランス・ワーキングホリデーのビザ申請

スポンサードリンク

 フランスへのワーキングホリデー・プログラムに参加するに際し、ワーキングホリデービザ(VTビザ)の申請を行う必要があります。ここでは、このビザ申請・取得において必要となる情報を提供していきます。

 フランスのワーキングホリデー制度に参加するには、まず申請を行って承認を受ける必要があります。申請許可を受けてはじめて、ワーホリビザ申請が可能となります。

 なお、ここに掲載する情報は、在日フランス大使館のウェブページに記載された募集要項に基づいてまとめたものです。ビザに関わる詳細は年度ごとに変更される可能性があります。必ず各自で最新の情報を確認するようにしましょう。


【ビザ発給の条件】
  ①申請時において、満18才以上30才以下であること。
   出発時に31歳になっていても可。

  ②子ども同伴でないこと(既婚・未婚は問われない)

  ③以前にフランスのワーキングホリデービザを取得していないこと

  ④休暇としての渡航であり、なおかつ仕事に就く意志があること

  ⑤一年間有効のオープンチケット。なお片道航空券で渡航する場合は、
   帰りの航空券を購入するのに十分な資金を所持すること

  ⑥当面の生活資金として、2,500ユーロの所持金があることを証明できること
   (トラベラーズチェック購入証明書または銀行残高証明書)

  ⑦健康であること(医師の診断書が必要)


【申請料金】
  無料


【申請に必要なもの】
  ①パスポートの1ページ目(写真が記載されているページ)のコピー

  ②ビザ申請書
   ビザ申請書は、在日フランス大使館ウェブページよりダウンロードするか、
   直接東京のフランス大使館へ取りに行きます(月曜~金曜 9時から11時30
   分まで)。また、郵送により請求する方法も可能ですが、かなり時間がかか
   るようなのでお勧めできません。なお、大阪のフランス総領事館での入手は
   不可です。

   申請書への記載は、日本語、フランス語または英語で行います(言語の種類
   により、有利・不利はありません。日本語で十分です)。

   申請理由については、とくに内容が審査されますので、慎重に記載する必要
   があります。渡仏の明確な目的と意思が重視されるといわれています。


  ③返信用封筒
   角6サイズ(16.2cm×22.9cm)の封筒に120円切手を貼り、自分の住所と
   氏名を記載して返信用封筒とします。


【ビザ申請受付開始】
  前年の11月もしくは12月頃に、募集要綱が大使館のウェブページに掲載され
  ます。ちなみに2007年度については、2006年12月6日に掲載されました。


【ビザ発給状況】
  ・ワーキングホリデービザ発給上限数は600件(年度によって上限数が異なる
   こともあります)。

  ・競争率がかなり激く(競争率6倍前後)、必ずしも申請が受理されるとは限り
   ません。承認されなかった場合は、その旨通知が送られてきます。


【ビザの有効期間】
  ビザ発給日より1年間有効。滞在可能期間は、フランス領土内に入国した日
  から1年間となります。入国日はビザ申請時に明確になっている必要があり
  ます。


【ビザ申請方法】
  ・フランスの場合、ワーホリビザの申請は郵送によって行います。

  ・上記【申請に必要なもの】一式を封筒に入れ、以下の宛先に郵送します。
   受付窓口は東京の大使館に一本化されています。

   ■宛先
    〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
    フランス大使館 領事部 ワーキングホリデービザ係

  ・申請より90日以内に審査結果が通知されてきます。
   現状のところ、審査結果の通知までに、90日以上要することも稀ではありま
   せん。

  ・なお、ビザ申請に関わる電話、FAX、メールによる問い合わせは一切不可
   です。

  ・申請が許可されれば、大使館より「長期滞在ビザ申請用紙」等の書類が送付
   されてきます。

   申請が許可されなかった場合も、通知が来ます。

  ・大使館より送られてきた書類に、指定された期日までに必要資料を揃える
   よう指示が書いてあるので、その期日に間に合うように準備し提出します
   (郵送もしくは大使館へ持参)。送付後、数日から1週間ほどでワーキングホリ
   デー・ビザ発行となるようです。


   ■必要資料
    ①有効期限内のパスポート原本
     残存期間15ヶ月以上であること

    ②長期滞在ビザ申請用紙1枚
     記入済みであること

    ③証明写真2枚(3.5cm×4.0cm)
     このうち1枚を申請用紙に貼り付ける。
     白黒またはカラー、どちらでも可。
     発給されるビザは、写真入りのものとなる。

    ④往復の航空券
     片道の航空券の場合は、⑤の資金証明を3,500ユーロ以上とする。

    ⑤2,500ユーロ以上の所持金があることを証明できる書類
     トラベラーズチェック購入証明書または銀行残高証明書

    ⑥健康診断書
     内科検診と問診は必須(3ヶ月以内のもの)
     胸部レントゲンと血液検査は必要なし

    ⑦海外旅行傷害保険の加入を証明するもの

    ⑧返信用の封筒
     自分の住所と氏名を記載し、890円分の切手を貼る。


【その他】
  ・滞在期間の延長や、他の査証(ビザ)への切り替えは出来ません。

  ・ワーホリビザは、ヨーロッパ内に存在するフランス各県においてのみ有効です。

         

フランス ワーキングホリデー

フランスのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

フランス・ワーキングホリデーのビザ申請 フランスについて フランスでの仕事