Top >  韓国 ワーキングホリデー >  再入国許可について

再入国許可について

スポンサードリンク

 韓国ワーキングホリデー滞在中、一時的に日本へ帰国するなど他国への出国したり、再入国することは自由ですが、出国する少なくとも3労働日前までに必ず「再入国許可」の申請を行っておかなくてはなりません。この再入国許可証は即日発行されます。

 再入国許可には2種類があります。それが有効期間内に1回限りの出国と再入国が許可されるシングルと、複数回許可されるマルチプルと呼ばれる再入国許可です。それぞれで申請に関わる手数料が異なってきます。再入国許可を取得せずに出国した場合、ワーキングホリデービザが無効になる可能性があります。

 再入国許可に関する必要書類や申請する場所等の情報は、以下のとおりです。


  ■必要書類等
   ①再入国許可申請書
    出入国管理事務所または出張所で入手。

   ②外国人登録証

   ③パスポート

   ④手数料
    ・1回限りの再入国許可の場合(シングル):30,000ウォン
    ・複数回の再入国許可の場合(マルチプル):50,000ウォン
    以上の印紙を購入して窓口に提出する。


  ■申請場所
   住所地を管轄する出入国管理事務所のビザ・外国人登録課、または出張所


  ■交付までに要する期間
   即日交付されます。


  ■その他
   ・シングルの場合に限り、出国当日の空港や乗船場での申請が認められて
    います。

   ・予め滞在期間中に出国することがわかっている人の場合は、外国人登録を
    する際に一緒に手続きをしておく方が便利です。

         

韓国 ワーキングホリデー

韓国のワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

韓国・ワーキングホリデーのビザ申請 韓国大使館と総領事館について 外国人登録について 再入国許可について 韓国について 韓国での仕事