Top >  カナダ ワーキングホリデー >  カナダについて

カナダについて

スポンサードリンク

 カナダはアメリカ大陸の北部に位置しており、西は太平洋・アラスカ、東は大西洋、北は北極海に接しています。日本の約26倍もの国土面積があり、ロシアに次いで世界2番目の広さを誇ります。カナダは10の州と3つの準州で構成されており、東西に広い国内は6つの時間帯に分かれています。

 カナディアン・ロッキーをはじめ、ナイアガラ、プリンス・エドワード島、多くの湖沼など、雄大な自然がカナダを訪れるを人々を魅了しています。国内には39の国立公園があり、世界遺産に指定されているところも少なくありません。

 カナダはイギリス系、フランス系を中心とした移民国家であり、多様な文化・言葉・習慣などをお互いに尊重しあいながら調和を図るというマルチ・カルチャリズムの考えが浸透しています。


【カナダの人口】
  人口は3,300万人程度です(2007年4月現在 カナダ統計庁資料より)。


【カナダの首都】
  オタワ(オンタリオ州)


【公用語】
  英語、フランス語
  ただし、ケベック州では主としてフランス語が使われている。


【通貨ならびに為替レート】
  カナダ・ドル(2007年7月現在 1Cドル=約115円)
  本日の為替レートはこちらから。


【消費税】
  2種類の税制がある。それがGST(Goods and Services Tax:商品サービス税)とPST(Provincial Sale:州・売上税)。GSTは一律6%だが、食材や医療、教育、家賃など、日常の生活に深く関わるものは免税される。一方、PSTの課税率は州毎に異なっているため、GSTとPSTの合計は6~14%となる。。


【日本とカナダの時差】
  カナダ国内では6つの時差があります(西部と東部で4時間半の時差)。日本との時差で大きい順番に並べると、概略以下のようになります。

  -17時間:ブリティッシュ・コロンビア州、ユーコンテリトリー

  -16時間:アルバータ州、サスカチュワン州、ノースウエストテリトリー

  -15時間:マニトバ州

  -14時間:オンタリオ州、ケベック州

  -13時間:ノヴァ・スコシア州、ニューブランズウィック州

  -12.5時間:ニュー・ファウンドランド州、プリンス・エドワード・アイランド州

  なお、サマータイムの期間中(4月の第一日曜から10月の最終日曜)は、日本との時差が1時間短くなります。


【カナダの気候】
  カナダの国土は東西に広大であり、気候も多様なものとなります。全般的に夏は日本ほど暑くないところが多く、また湿気も少ないため全般的に過ごしやすいといえるでしょう。一方、冬になると州によっては氷点下20℃以下まで気温が低下するところもあります。

  カナダ各州の気候については、こちらのウェブページが参考になります。


【電圧・周波数】
  電圧は110Vで、周波数は60Hz
  コンセントは「A型」と呼ばれている日本と同タイプのものなので、変換アダプターは必要ありません。ドライヤーなど普通の日本の家電製品をカナダで使用する分には問題ありませんが、パソコンなどの精密機器は変圧器を介して使用するほうが無難とされています。


【主要都市】
  ワーキングホリデーメーカーに人気の高いカナダの主要都市は以下のとおりです。

  オタワ、トロント、バンクーバー、ウィスラー、カルガリー、リジャイナ、

  ウィニペグ、モントリオール、フレデリクトン、シャーロットタウン、

  ハリファックスなど

         

カナダ ワーキングホリデー

カナダのワーキングホリデービザの申請・取得に関することから、生活情報、仕事事情、納税義務などに至るまで、海外生活で必要となる各種項目を扱っています。

関連エントリー

カナダ・ワーキングホリデーのビザ申請 カナダについて カナダでの仕事