Top >  ワーキングホリデーとは >  ワーキングホリデーの渡航先

ワーキングホリデーの渡航先

スポンサードリンク

 ワーキングホリデー制度が日本において開始されたのは、1980年のことです。この年にオーストラリア政府との間で協定が結ばれました。その後、1985年にニュージーランド、1986年にカナダ、1998年に韓国、1999年にフランス、2000年にドイツ、2001年にイギリス、というように各国政府との間で次々と協定が締結され、これまでに多くの若者がワーキングホリデープログラムに参加しています。


 その後、現在に至るまで先に触れた7ヵ国との間でワーキングホリデー制度は利用されてきましたが、2007年1月にアイルランド政府との協定に基づきワーキングホリデー制度がスタートしています。また、2007年10月からはデンマーク(外務省プレスリリース)との間で、さらに2007年12月からはシンガポールとの間で、相互にワーキングホリデー制度の利用が可能となります。その結果、2007年時点でワーキングホリデーの渡航先は10カ国となる予定です。


 2006年におけるワーキングホリデービザ発給数の実績は以下のようになっています(アイルランドへのワーキングホリデープログラム開始は、2007年からなので実績無し)。


 オーストラリア :10,939(セカンドワーキングホリデービザ発給数962を含む)

 ニュージーランド: 2,784

 カナダ      : 5,009

 韓国       : 398

 フランス     : 600

 ドイツ       : 611

 イギリス     : 398


 上記の実績から読み取れるように、オーストラリア・ニュージーランド・カナダの3カ国にプログラムの参加が集中しています。その理由としては、まずワーキングホリデー制度の歴史が長いこと、そして年間のビザ発給数が多いこと(ニュージーランドは発給数に制限なし。一方、フランスは600人と制限されている)、そのほかに日常会話に英語が使えることなどが挙げられます。

         

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーは、完全セルフメイドの長期海外旅行です。自分で目標を立て、計画を立てていく必要があります。可能性の扉を開くのは自分自身と積極性。ワーキングホリデーの基本情報を紹介していきましょう。

関連エントリー

ワーキングホリデーとは? ワーキングホリデーの目的 ワーキングホリデー制度に必要な要件 ワーキングホリデー中のアルバイトと語学学校 日本ワーキングホリデー協会とは ワーキングホリデーの渡航先