Top >  ワーキングホリデーとは >  ワーキングホリデー制度に必要な要件

ワーキングホリデー制度に必要な要件

スポンサードリンク

 ワーキングホリデーの制度は、誰にでも、またどんな時でも利用できるわけではありません。この項ではワーキングホリデー・ビザ(査証)の取得に際して必要となる条件について紹介していきましょう。渡航先によって微妙に異なるものの、基本的なところは以下のようになります。


■年齢について
 18歳から30歳までであることが必要です。なお、イギリスとアイルランドを渡航先に選択する場合は、原則18歳から25歳までとなります。ただし、英国政府が特別に認める場合は、30歳まで可能となるケースもあります。一方、アイルランドについては、全日制の学校に在籍していたか、常勤で就労していた場合に年齢制限を最大30歳まで引き上げることが可能、としています。


■期間について
 最長1年間です。1カ国について一生のうち一度だけ利用が可能となります。一度帰国してから、別の国のワーキングホリデー・ビザを取得することは可能です。ただし、当然のことながら年齢制限の条件は満たしておく必要があります。


 なお、オーストラリアの場合、2005年11月から2回目のワーキングホリデービザ申請が可能となりました。ただし、最初のワーキングホリデーで3ヶ月以上滞在し、農業・漁業・林業の季節労働に3ヶ月以上従事した実績があるという条件が設けられています。


■その他
 ・有効な日本のパスポート(旅券)を所持していること。


 ・ビザ(査証)の発給を受けるわけですから、日本国籍を有しおり日本に居住して
  いること、健康であること、犯罪歴のないことが求められます。


 ・ビザは個人に発給されるわけですから、扶養家族を同伴することはできませ
  ん。ただし、パートナーも同時に発給を申請しており、それが認められる場合は
  その限りではありません。また、扶養すべき子どもがいるなどの場合、ビザの
  申請が出来ないとする対象国もあります。


 ・またそのほかにも、必要最低限の自己資金(当面の生活費や、日本への
  帰国便チケットの購入費など)があることを示す証明書の提示が求められる
  場合があります。

  
 ・対象国によって、要件の細かな部分が異なります。詳細は渡航先別のカテ
  ゴリを参照下さい。また、ワーキングホリデー・ビザの発給条件も変更になる
  ことがあります。ビザの申請前に、各国大使館のウェブページで最新の情報
  を入手されることをお勧めします。

         

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーは、完全セルフメイドの長期海外旅行です。自分で目標を立て、計画を立てていく必要があります。可能性の扉を開くのは自分自身と積極性。ワーキングホリデーの基本情報を紹介していきましょう。

関連エントリー

ワーキングホリデーとは? ワーキングホリデーの目的 ワーキングホリデー制度に必要な要件 ワーキングホリデー中のアルバイトと語学学校 日本ワーキングホリデー協会とは ワーキングホリデーの渡航先