Top >  ワーキングホリデー情報あれこれ >  証明書類について

証明書類について

スポンサードリンク

 ワーキングホリデーメーカーとして海外で滞在している期間中、自分の身分を証明する書類が必要な場合があります。国際的な身分証明書としては「パスポート」に勝るものはありませんが、常時携帯して持ち歩くのは不便ですし、何よりも紛失する危険性があります。この項では、パスポート以外に何かと役に立つ証明書類について触れていきます。


【国際運転免許証】
  パスポートに替わる身分証明書として重宝するのが「国際運転免許証」です。発行には国内の自動車運転免許証とパスポート、写真(縦5cm×横4cm)1枚、そして手数料2,650円が必要です。各都道府県の免許更新センターで申請・取得することができ、即日発行されます。国際運転免許証の有効期限は1年間となります。


【国際学生証(ISIC)】
  国際学生証(ISIC)とは、世界106カ国で発行されているユネスコ承認の学生身分証明書のことです。大学・短大・大学院・専門学校・高等専門学校の学生であるならば、作成することが可能です(発行手数料:税込み1,430円)。世界各国で様々な学割サービス(美術館や博物館などの入館料や観覧料などの割引)を受けることができます。取得方法などの詳細や世界各国の割引一覧については以下のウェブページを参照下さい。

  ■取得方法などの詳細情報:国際学生証 ISICカードサイト

  ■世界割引:WYSETC本部ウェブサイトから「ISIC Discounts」を選択


【国際ユースホステル会員証(YHカード)】
  このカードを持っていれば、世界80カ国、5500箇所以上のユースホステルを割引料金で利用することができます。運転免許証や学生証があれば、全国各地800箇所のユースホステル協会で即日発行してくれます(成人パス発行手数料:税込み2,500円)。また、郵送やHPからの申し込みも可能です。詳細は、以下のホームページを参照下さい。

  ■日本ユースホステル協会ウェブサイトから「入会はこちら」を選択


【国際青年証(IYTCカード)】
  国際青年証は26歳未満なら学生でなくても取得できる、青少年のための身分証明書です。この会員証で、美術館や博物館、劇場等の入場料の割引、各種交通機関の割引などの特典を受けることができます(発行手数料:税込み1,430円)。取得は(株)カウンシル・トラベルに直接出向くか、郵送による手段(税込み1,700円)のどちらかになります。詳細は以下のホームページを参照下さい。

  ■CIEEウェブサイトから「カウンシル・トラベル」を選択

         

ワーキングホリデー情報あれこれ

ワーキングホリデーで現地滞在期間中に必要となる情報、知っておいた方がよい事柄を扱っていきます。自分の身分を証明する書類や、ホームステイなどの滞在方法、仕事に関することなど、役立つ情報を提供します。

関連エントリー

証明書類について 現地での滞在方法 在留届について