Top >  ワーキングホリデーとは >  ワーキングホリデーの目的

ワーキングホリデーの目的

スポンサードリンク

 ワーキングホリデーの目的は、先にも触れたように長期間(最大1年間)の渡航と滞在を通して、国際感覚を身につけたり、対象国の人々とあるゆる機会を利用して友好を深めることにあります。


 ワーキングホリデーの目的は、建前上は上記のとおりですが、実際的には人それぞれです。若さという最大の財産と特権を利用し、時間を有効に使いながら、人との出会いやチャンスを自分のものとし、何ものにも代え難い貴重な経験をワーキングホリデー制度を通して積んでいます。では、実際に渡航した人はどのような目的を持っていたのでしょうか。その一例を挙げてみると以下のようになります。


 ・語学力を上達させたい。

 ・外国人の友人をたくさんつくりたい。
  そのことによって多様な考え方や物の見方を身につけ、将来に活かしたい。

 ・海外で生活し、様々なものを観てみたい。

 ・単に長期間旅行がしたい。

 ・スポーツを思う存分楽しみたい。

 ・海外で免許や資格を取得したい。

 ・日本では経験できないようなアルバイトやボランティア活動をしてみたい。
  そのことを通して、自分自身に磨きをかけたい。

 ・単に自分自身を変えたい。

 などなど多くのものがあり、ワーキングホリデーの目的はまさに十人十色です。


 ワーキングホリデーの目的はももちろん漠然としたものでも構いませんし、現地で臨機応変に対処することで何とかなるものです。しかし、具体的なイメージなり自分なりのプランがある方が色々な意味で有利であることは確かです。渡航までに何をしなければいけないか、どういった手段を採るか、また準備しておくものは何か、どういった情報を収集しておく必要があるか、など対策をたてやすいからです。


 また明確な目的があった方が、ワーキングホリデーを有意義に楽しむことができます。長期間といえでも最長1年間しかありません、この有限である時間を無駄にしないためにも、目的の明確化はワーキングホリデーへ向けての大切な一歩となります。

         

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーは、完全セルフメイドの長期海外旅行です。自分で目標を立て、計画を立てていく必要があります。可能性の扉を開くのは自分自身と積極性。ワーキングホリデーの基本情報を紹介していきましょう。

関連エントリー

ワーキングホリデーとは? ワーキングホリデーの目的 ワーキングホリデー制度に必要な要件 ワーキングホリデー中のアルバイトと語学学校 日本ワーキングホリデー協会とは ワーキングホリデーの渡航先