Top >  ワーキングホリデー情報あれこれ >  在留届について

在留届について

スポンサードリンク

 ワーキングホリデーにおいては勿論のこと、海外で3ヶ月以上滞在する場合、「在留届」と呼ばれるものを現地の日本大使館または日本総領事館に提出する必要があります。この在留届の提出義務は、旅券法第16条において定められています。


 この在留届は、自分が現地に滞在していることを書面で知らせるものです。在外公館はこの資料に基づき、事件・事故や災害時などの緊急事態が発生したときに安否を確認したり、緊急連絡先に連絡してくれたり、保護活動を行ってくれます。入国して居住地が定まったら、出来るだけ速やかに大使館等の在外公館に提出するようにしましょう(在外公館の所在地は、こちらから)。在留届の提出は在外公館に直接出向いて行うほか、郵送やFAX、またはインターネットによっても行うことができます。


 また、ワーキングホリデー中に何回か居住場所を変更する予定がある場合は、その都度大使館に連絡し、申請事項の変更を届けなくてはならないことを忘れないようにしましょう。さらに、当然のことですが帰国時にも必ず連絡しておく必要があります。転居届や帰国届の提出も同様、オンライン上で行うことが可能です。


 在留届の用紙は、現地の大使館または総領事館で入手できます(郵送による取り寄せも可能)。日本国内では、各都道府県の旅券窓口で入手することが可能です。なお、日本の外務省のウェブページからダウンロードすることもできます。在留届の記載事項は、氏名、本籍、海外での住所、緊急連絡先、旅券番号などとなっています。

         

ワーキングホリデー情報あれこれ

ワーキングホリデーで現地滞在期間中に必要となる情報、知っておいた方がよい事柄を扱っていきます。自分の身分を証明する書類や、ホームステイなどの滞在方法、仕事に関することなど、役立つ情報を提供します。

関連エントリー

証明書類について 現地での滞在方法 在留届について