Top >  ワーキングホリデーへ向けて >  海外旅行傷害保険の加入

海外旅行傷害保険の加入

スポンサードリンク

 ワーキングホリデーは普通の海外旅行と違って、長期間現地に滞在するわけですから、海外旅行保険の加入を軽視するわけにはいきません。万が一のためにも、その重要度は比較にならないほど大きなものとなります。一般的に、渡航先国の医療費は日本では考えられないほど高額になると考えておかなければなりません。


 ワーキングホリデーの渡航先となる国々は比較的安全とされていますが、どういうトラブルに巻き込まれるかわかりませんし、慣れない土地や環境で体調を崩しやすくなるといったことも十分に考えられます。海外旅行傷害保険には必ず加入しておきましょう。現地に行ってからでは保険に加入できないので、渡航前に加入しておく必要があります。


 海外旅行保険を利用するケースとしては、まず病気や怪我などの治療時ということが頭に浮かびますが、それ以外にも持ち物の盗難や破損、賠償責任などのトラブルケースにも適用可能で、そのほかにも様々な補償を受けれたりするほか、オプションを加えることもできます。


 この海外旅行損害保険ですが、日本の各国内損保会社から様々なものが売り出されています。大手の「AIU海外旅行保険」の場合、ワーキングホリデーや留学を目的としたスタンダードなプランで、1年間の保険料が大体13万から18万円ほどになります(補償内容や補償期間によって異なる)。また、オプションを付加すると、その分保険料は高くなります。


 ワーキングホリデー(留学用兼用)用の海外旅行損害保険は、以下に挙げる損保会社が扱っていますので、詳細は各ウェブページを参照ください。

AIU保険会社


ジェイアイ障害火災


エース保険


 なお、ワーキングホリデーの渡航先がドイツの場合、日本の損保会社の海外旅行保険ではなく、ドイツの健康保険に加入する必要があります。この保険への加入がビザ申請時の必要条件のひとつになっています。

         

ワーキングホリデーへ向けて

ワーキングホリデーに向けて準備していく事項は多岐に渡ります。渡航先の決定に始まり、パスポートやビザの申請・取得、語学学校や航空券の手配、現地の情報収集など、それぞれの項目について触れていきます。

関連エントリー

ワーキングホリデーの準備 渡航先と決定と情報の収集 パスポートの取得(新規発給) パスポートの残存期間について 語学学校に通うメリット 語学学校の手配 ワーキングホリデー・ビザの申請 航空券の手配 準備する持ち物について ワーキングホリデーに必要な費用 海外旅行傷害保険の加入