Top >  ワーキングホリデーへ向けて >  ワーキングホリデー・ビザの申請

ワーキングホリデー・ビザの申請

スポンサードリンク

 ワーキングホリデービザを申請する際には、渡航先となる国によって発給の要件や申請手続きが異なってきます。申請時期を逸しないよう、最新の情報を各国大使館のホームページで確かめておくことが必要となります。2007年現在、各国のワーキングホリデー・ビザ申請に関わる情報は以下のとおりです。なお、申請時期などは毎年変更になりますので注意してください。なお、申請書類は各国大使館などのHPからダウンロードできます。


 ワーキングホリデービザの申請で特に注意しておくことは、申請方法、申請時期です。申請時期に間に合うよう必要となる書類等を揃えるようにしましょう。。


【ビザ申請方法】
  ビザの申請方法には大きく分けて、インターネットで申請する方法と、直接大使館に出向いて申請する方法、そして郵送による申請とがあります。国によって異なってきますので、確認しておくとが大切です。2007年現在、以下のようになっています。

  ■インターネットによる申請
   オーストラリア、ニュージーランド

  ■窓口または郵送による申請
   韓国、ドイツ

  ■郵送による申請
   カナダ、フランス、イギリス、アイルランド


【ビザ申請時期】
  ■一年を通じて申請可
   ニュージーランド、ドイツ

  ■上記以外
   ・オーストラリア:毎年7月1日から受付が始まり、定員になり次第締め切り。

   ・カナダ    :遅くとも出発確定日の2ヶ月前までに。出発まで2ヶ月を
            切っている場合は、申請が認められない。
            定員になり次第締め切り。

   ・フランス   :受付開始日は毎年変わる。定員になり次第締め切り。
            2007年(1月から12月出発)分については、2006年12月に
            受付開始された。

   ・韓国     :4月から受付開始。定員になり次第締め切り。

   ・イギリス   :その年度の渡航分の締め切り日が大使館HPに掲載される。
            ちなみに2007年渡航分の締め切りは2月11日だった。
            2008年の応募方法は2008年初頭に発表される予定。

   ・アイルランド :2007年は4回(1月、3月、5月、8月)に分けて受付。
            2008年度の申請は、2007年10月に発表予定。


【その他】
  申請に要する費用は以下のとおりです。

  ■無料
   ニュージーランド、カナダ、フランス、韓国、ドイツ、アイルランド
   

  ■有料
   オーストラリア:190オーストラリア・ドル(クレジットカード決済のみ)
  
   イギリス   :200英国ポンド

         

ワーキングホリデーへ向けて

ワーキングホリデーに向けて準備していく事項は多岐に渡ります。渡航先の決定に始まり、パスポートやビザの申請・取得、語学学校や航空券の手配、現地の情報収集など、それぞれの項目について触れていきます。

関連エントリー

ワーキングホリデーの準備 渡航先と決定と情報の収集 パスポートの取得(新規発給) パスポートの残存期間について 語学学校に通うメリット 語学学校の手配 ワーキングホリデー・ビザの申請 航空券の手配 準備する持ち物について ワーキングホリデーに必要な費用 海外旅行傷害保険の加入