Top >  ワーキングホリデーへ向けて >  パスポートの取得(新規発給)

パスポートの取得(新規発給)

スポンサードリンク

 ワーキングホリデービザを取得する前に、優先して行わなければならないことは「パスポート(旅券)の申請と取得」です。パスポートは国際的な身分証明書であり、これがないとワーキングホリデーに関わらず、国外に渡航することができません。パスポートの申請は、住民登録をしている都道府県の申請窓口で行います。申請から受領まで、概ね1週間程度(土日祝日含めず)要しますので、余裕を持って行動しましょう。


パスポートの申請
  ■パスポートの申請に必要となるもの
    ①一般旅券発給申請書
     各都道府県の申請窓口に、10年用と5年用のものが用意されています。
     ただし、年齢が20歳未満の場合は5年有効用の申請しか認められてい
     ません。

    ②戸籍謄本又は抄本 1通
     申請日前6ヶ月以内に作成されたものが必要です。
     事前に、本籍のある区市町村の戸籍係で取得しましょう(1通450円)
     本籍地が遠方である場合は、 郵送で取得申請することも可能です。

    ③住民票写し
     住民票コードがあれば、住基ネットで確認することができますので基本的
     には不要です。
     必ず、住民票コードを控えたメモか何かを持参しましょう。

    ④写真(45ミリメートル×35ミリメートル) 1枚
     申請窓口がある周辺には、必ずどこかにインスタント写真の機械が設置さ
     れています。しかし、写りなど仕上がりが必ずしも満足のいくものにならな
     いことが多いため、腕のよい写真屋さん等で撮影したものを持参する方が
     よいでしょう。

    ⑤郵便葉書(私製葉書は不可) 1枚
     申請窓口で購入可能です。

    ⑥本人確認用の書類
     運転免許証や住基カードなど本人確認ができるものが必要となります。
     
  ■その他
   ・申請は代理人が行うことが認められています。

   ・書類等に不備がなければ、受領証がもらえます。受領時に必要となるので
    大切に保管しておきます。


パスポートの受領
  ・申請後、数日で葉書が送付されてきます。そこに交付予定日が記載されてい
   ますので、それ以降に申請した窓口へ出向きます。

  ・代理人による受領は認められていないので、必ず本人が出向く必要がありま
   す。

  ■受領時に必要となるもの
   ・申請時に受け取った受領証

   ・自宅に送られてきた郵便葉書

   ・手数料
    窓口にある印紙・証紙売場で、 収入証紙と収入印紙を購入します。

    10年間有効旅券:1,6000円(収入証紙2,000円,収入印紙14,000円)
     5年間有効旅券:1,1000円(収入証紙2,000円、収入印紙9,000円)

         

ワーキングホリデーへ向けて

ワーキングホリデーに向けて準備していく事項は多岐に渡ります。渡航先の決定に始まり、パスポートやビザの申請・取得、語学学校や航空券の手配、現地の情報収集など、それぞれの項目について触れていきます。

関連エントリー

ワーキングホリデーの準備 渡航先と決定と情報の収集 パスポートの取得(新規発給) パスポートの残存期間について 語学学校に通うメリット 語学学校の手配 ワーキングホリデー・ビザの申請 航空券の手配 準備する持ち物について ワーキングホリデーに必要な費用 海外旅行傷害保険の加入